ブログ

【DIY】小屋リノベーション外壁床編

前回は解体編をお伝えいたしました。

関連記事Check

合わせて読みたい前回編はこちら>>【DIY】小屋を解体からDIYリノベーション〜解体編〜

今回は外壁と床です。
床は前回の写真でもう出来上がったも同然ですが(笑)

DIYで外壁をリノベーション

土壁部分を全て取り除きましたので、残ったのは柱と梁。

この柱と梁の内側に2×4材で骨組みを作り構造用合板で小屋の強度を上げてDIYっていきます。

Kabe1

窓を設ける所はこんな感じです。これを3箇所下部に取り付けます。

Kabe2

骨組みができたら構造用合板を貼り付けます。

Kabe3

これが

Kabe4

こうで

Kabe5

こうなります。全てに構造用合板を貼り、その内側から断熱材を入れて行きます。

Kabe6

いい感じになりました。

DIYで床をリノベーション

床材はパーチクルボードを使用します。

Yuka7

最近ではホームセンターからパーチクルボードが欠品でなかなか見当たらないのですよ。

そのパーチクルボードを支えている床束。

私は内装工事などで使用する「万協 遮音タイプ支持脚」を使用しました。

 

Yuka1

このように支えます。

全てを450mmピッチ間隔で支えていきます。450mmピッチ以上にすると不安定で床が落ちてしまいます。

万協の支持脚は中央がネジになっていて、そのネジ分隙間を開けてパーチクルボードを置いていくのです。

そうすることで、設置しながら高さを調節できますので大変便利なのです。

私は幅のサイズの問題でそんなうまく行かず、、。隙間なく敷き詰めました。

それでも意外とうまくいきました。

Kuka8

専用ボンドで固めてこれで完成です。

写真は支持脚900mmピッチで置いてますが、超不安でした。

しっかりと450mmでピッチで作成しましたよ。

これで壁と床は以上です。ではでは

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

スポンサーリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る