ブログ

【DIY】小屋リノベーション内装天井編

こんにちはHOSHIKOUBOの星です。

今回は小屋のDIYリノベーションで内装の天井を貼り付けていきます。

天井はね、何度も挫折しかけたほどしんどい作業でした。

たった、4畳ほどのスペースだけなのに・・・。

天井をDIYするぞって方はある程度覚悟しておいた方がいいです。

DIYリノベーション『天井貼り付けのための下地作り』

Diy naisou tenzyou8

まず天井を貼る前はこうなってます。ブレッブレですみません。(笑)

屋根は瓦の屋根になっており切妻の形になってます。日本家屋の定番ですね。

小屋なので天井はむき出しでした。この天井雨漏りするんですよ。

なので天井に防水シートを貼っていきます。

Diy naisou tenzyou1

Diy naisou tenzyou6

天井材を取り付けるための桟を取り付けていきます。

桟は450mmピッチで留めていきます。

その中に断熱材を敷き詰めていきます。

Diy naiso tenzyou2

全然敷き詰めている感ないやん!!笑

自分で写真見てツッコむというね。汗

言い訳、貼っていきながら入れないと落ちてくるのです。

タッカーで留めるようにしないと、断熱材がズレてきてほとんど断熱効果が得られないので、とめたいのですが、万が一雨留めた穴からが入ってきたらと考えるとタッカー打てないんです。ビビリなので。

なので意外とズレないじゃんてことで、桟に引っ掛ける形でおいてます。

DIYリノベーション『天井貼り付け』

天井材は羽目板杉材を使用しました。

羽目板とは

壁や天井に張るための板のことで、パネル式で加工がしてあり連続して張ることが出来る板なのです。

その中でも僕が購入したのはアイジャクリ加工のされてある板です。

Img02

出典:https://hameitaya.com/hpgen/HPB/entries/2.html

こちらはホームセンターでも売ってます。僕はスーパービバホームで購入しました。

 

DIYhomesenter関連サイト

DIYオススメホームセンター5選

僕の趣味のブログで紹介してます。

 

いい色味でしたので、そのままの状態で貼り付けていきます。

下地で取り付けた桟に釘留めしていきます。

これがめちゃめちゃしんどい作業なんです。

腕をあげながら金槌でトントン打っていくんです。

天井なので大きめの釘を使用したので余計に入っていきにくいんです。

なんとか片面完成です。

Diy naisou tenzyou5

しんどいながら貼り進めていきます。

Diy naisou tenzyou7

ここで知り合いの工務店の社長が見にきて

「先にドリルで穴開けてから留めるんや。で釘は真鍮の釘を使ったほうが綺麗やで。」

「え?そうなの。もう片面貼りましたよ。泣」

そこから真鍮の釘はやってませんが、ドリルで穴を開けてから釘を打つことにしました。

なんと、すんなりと入っていくではないか!!

穴を開けてやるのはめんどくさいですが、楽に釘を打てるのでめんどくさい作業を惜しまずやるべきですね。

また穴を開けずにやるとわたしみたいな初心者は変なところに金槌を打って仕上げを傷つけてしまうので、よくないです。

案の定、結構傷いってます。僕の心もね。

天井貼り完成写真

Diy naisou tenzyou9

Diy naisou tenzyou10

反対側はすごく中途半端なところで終わってますが、あくまでここの4畳ほどの空間だけやるということなので。汗

Diy naisou tenzyou11

照明をつけて撮影してみました。いやーいい感じになりました。

まとめ

下地の桟は450mmピッチで取り付けていく。

天井に天井材を貼り付けるときは真鍮の釘で打つと仕上がりが美しい。

釘を打つ前にドリルで穴を開けてからうつ。

貼り付ける前に覚悟する。

いかがでしたか。

天井を貼り付ける場合は参考にどうぞ。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

スポンサーリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る