ブログ

OSB合板で手作り感のあるシューズボックスを作ってみた

こんにちは星工房のほしです。

家族4人が暮らす実家の下駄箱が小さすぎで靴が収納できないという母親の悩みが…

てな訳で母親から下駄箱を作って欲しいという事で、作ってみました。

OSB合板と2×4材で下駄箱を作ってみよう!!

まずbeforeはこんな感じです。

Before下駄箱写真

よくある実家の下駄箱って感じですね。

中古で購入した家にもともとついていた下駄箱なのでまあ小さい事。

そんなこんなで母から渡された設計図

Shoescloak設計図

まあまあなクオリティで驚いてしまった。笑

仕事中暇だから書いたと。



材料調達

2×4材(長さが2440mm)・・・5本

1×4(長さが4000mm)・・・6本

OSB合板

9mm・・・・・9枚

12mm・・・・・4枚

棚柱4本

棚柱受け8セット

ビス(ビス頭白塗装されたやつ)

ほぼ完成形

完成ではないですがほぼ完成の写真がこちら

Shoescloakほぼ完成

OSB合板

OSB合板は最近人気なので人気にのっかり使用しました。

作業手順

まず今まであった下駄箱を移動させます。

骨組み組み立て

すっからかんになったところで2×4材と1×4材を組み立てていきます。

Shoescloak作業1

Shoescloak作業2

組み立ててから家の中に入れようとしたら、、、は、入らない…

悩んだ挙句、家の中で組み立てようと試みた。

が、、1人では無理だ・・・涙

まあどうにか組み立てる事ができました。

Shoescloak作業3

OSB合板貼り付け

次にOSB合板を切っていきます。

Shoescloak作業4

この写真ツッコミどころが多い!!笑

まず奥の方見てもらったら、、元の下駄箱の使い方!!

下駄箱どけたら、ここに収納できるやん!!

ってなり、工具入れてます^ ^

そして手前の台・・・

勉強机の引き出し!!笑

妹が21才にしてようやく勉強机を捨てるためガレージにおいてあったので、これ使えるーーー!!

脱線しましたね。

そしてOSB合板を貼っていきます。

Shoescloak作業5

Shoescloak作業6

まあまあ男前な作り方でしょ。本当は組み立ててから入れたかったのですよ。

Shoescloak作業7

この作業を側面、底面、上面もやっていきます。

Shoescloak作業8

ちょっと汚いですが、底面貼るとこんな感じです。

形がちょっとずつできてきましたね。

ちなみに脚立は外ようなのでこんな家の中で使うのはマネしないでね。

Shoescloak作業9

上面です。

Shoescloak作業10

そして側面を貼ればがわは完成!

Shoescloak作業11



棚柱の取り付け

水平器(レーザー)で高さ垂直を揃えるため墨出ししていきますよ。

側面に2箇所、2箇所で4箇所取り付けていきます。

Shoescloak作業12

取り付けたら長さを測って12mmのOSB合板を切っていきましょう。

奥行きの長さは350mmあれば靴を収納するのに十分の長さです。

これだと使用していったらたわんでくるので奥の面の真ん中にも棚柱を取り付けないとダメなのです。

なので合計棚柱は5箇所取り付けです。

まだつけてませんが・・・

Shoescloak作業13

こんな感じでほぼ完成しました。

後日扉をとりつけますので、乞うご期待ください笑

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー

スポンサーリンク

カテゴリー

ページ上部へ戻る